羽生結弦さんと阿倍晴明さん夢コラボ

羽生くんの神降ろし

少し時間がたっていますが、ピョンチャンオリンピックの羽生結弦選手を見て、実際女神とやり取りした内容をマンガにしてみました。 (「女神ってどんな人?」という方はこちら

羽生くん、本当に美しかったですね。そして尊かった・・・。

足の怪我にもかかわらず、完璧な演技を披露しました。

twitterやネット上でも

「神が降りていた」

というコメントが見られた通り、マジで降りていたようです。

あの衣裳もとても似合っていました。前世でも神道系のことに携わっていたのかな、みたいな感じしますよね。

出場の前に安倍晴明についてかなり勉強されていたようですから、何かのご縁があったのかも。

うさぎは、「安部晴明を自分に降ろしたら羽生くんみたいに踊れる」なんて言っていましたが、なんてずうずうしいんでしょう。

安倍晴明ほどレベルの高い魂のエネルギーが降りてこれるとなると、降ろされる側にも同じ魂のレベルが求められます

理屈で考えれば簡単にわかるのですが・・・うさぎはずうずうしいんです。

ちなみに、

女神いわく、「彼だけの周りの次元が違う感じがする」だそうです。

「次元が違う」という言葉はとてもよく言い表せていると思うのですが、一種のフロー状態、というか、

スケートリンクにいるけど違うところで踊っている、というような状態らしいです・・・

それこそ、巫女の踊りのような、神事を執り行っていたような荘厳な雰囲気でしたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする