鳥にも魂ってあるのかな?(2)

前回からの続きです。

鳥にも魂ってあるのかな?(2)

成長が未熟な生物は「魂シェアリング」で成長機会を増やしている?

個体としての魂の成熟度という視点だと、鳥って・・・まだまだなんですよね。

人間みたいに一つの肉体に一つの魂を宿らせるほど、まだ器が出来ていない

発展途上の生物らしいです。

なので魂を分散させて、とにかくこの世で学ぶ機会を増やす!質より量!っていう目的があります。

鳥や魚もそうですが、一糸乱れぬ集団行動は納得がいきますね。

ちなみにムクドリって・・・
駅前のロータリーや街路樹に大量にいて、きゃーきゃー言ってますよね。

あの子たち都会だと悪い印象ですが、本来は農耕地や草原で虫を取ってくれる鳥だそうですよ。

ちゃんと活躍する場所があれば、個性を活かして何かの役に立つってことかな。

人間もその辺は同じだったりしますね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする